原材料名
乳清たんぱく質、クレアチン、L-グルタミン、L-グリシン、DL-アラニン、HMB-Ca、BCAA(大豆由来)、コラーゲンペプチド(ゼラチン)、グルコサミン塩酸塩(えび、かに由来)、コンドロイチン硫酸、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンB12/クエン酸、紅茶、香料、食塩、甘味料(ステビア)、アスパルテーム(L-フェニルアラニン)、スクラロース

高校生の頃、"アーノルドシュワルツネッガー"に憧れたことをきっかけに「ボディビルディング」の世界へ心酔する。

 

そして、本場のボディビルカルチャーに憧れ、20代前半で単身で渡米。LAで出会ったコンテストビルダーの人間性、ライフスタイルやLAと日本の【ボディビルディング】に対する価値観の違いに衝撃を受ける事となる。

 

1997年には、カリフォルニアのボディビルコンテストにて日本人初のチャンピオンに輝く。
現地では、アーノルド・シュワルツネッガーはじめトップビルダーはじめハリウッド俳優が集結する有名ジムで数々のトップビルダーから指導を受け、独自で体得した知識と経験を統合。
約30年間、"本場のボディビルディング"と"科学的なワークアウト"を自身で実践しながら理論を構築している。

 

他にも、有名TV番組やTVCMにも有名俳優やタレントと共に多数出演。
美容師やナイトクラブのセキュリティ、マッサージ業など様々な異業種を経験した異色の経歴も持つ。

腹が凹む! 神の7秒間メソッド
- ハリウッド式ワークアウト
「血液たっぷり」で不調をなくす
出せる! 魅せる! 二の腕ワークアウト
ハリウッド式 THE WORKOUT - 分単位で自分史上最高の身体をつくる 脳と身体のコネクトメソッド
北島式筋トレ塾 最短・最速で究極の身体をつくる
・1997年:NPCミスターカリフォルニア ライトクラス優勝
・1997年:NPCミスターオレンジカウンティー ライトクラス3位
・1997年:カリフォルニアマッスルビーチコンテスト ゲストポーザー
・1998年:カリフォルニアマッスルビーチコンテスト ゲストポーザー
・2002年:TOCチャンピオンシップ ミドルクラス3位
・2004年:TOCチャンピオンシップ ライトヘビークラス6位
・1998年:はねるのトびら(フジテレビ)
・2000年:宇多田ヒカルファーストコンサートボヘミアンサマー イメージキャラクター
・2000年:タカラサワーモルトCM共演(藤原紀香と共演)
・2000年:永谷園かに玉CM(爆笑問題と共演)
・2001年:UFJカードCM(反町隆史と共演)
・2015年:ヨソで言わんとい亭(テレビ東京)
・2016年:ヨソで言わんとい亭(テレビ東京)
※公開を承諾いただいたアスリート・アーティスト・有名人の皆様です。
HAKUEI さま(歌手)
MADOKAさま(歌手)
塚本奈々美さま(プロレーサー)
櫻井勝之さま(プロゴルファー)
原材料名
乳清たんぱく質、クレアチン、L-グルタミン、L-グリシン、DL-アラニン、HMB-Ca、BCAA(大豆由来)、コラーゲンペプチド(ゼラチン)、グルコサミン塩酸塩(えび、かに由来)、コンドロイチン硫酸、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンB12/クエン酸、紅茶、香料、食塩、甘味料(ステビア)、アスパルテーム(L-フェニルアラニン)、スクラロース

私達のようなボディビルダーは様々なサプリメントを同時に複数取り入れ、使い分ける事でより最適な摂取方法を模索します。

 

何のサプリメントをどれだけ、どんな組み合わせで摂取するか自体がトレーニングの一部だと言っても過言ではありません。

 

つまり筋肉を成長させるにはどんな組み合わせでサプリメントを摂取すれば良いかと言う事の結果が、そのまま身体に反映されると言う事です。

 

今回のサプリメントには、僕自身及び海外のトップビルダーが取り入れている成分を一番筋肉に効く組合せで配合しています。

 

僕自身も愛飲している自信作です。

人の体は、タンパク質を常時蓄積することができません。
だから筋肉維持の為にはタンパク質を常に補給する必要があります。

 

タンパク質が不足すると筋肉を分解(カタボリック)し、エネルギーを生み出そうとします。しかし、それでは せっかくついた筋肉も小さくなってしまいます

 

HMBには筋肉の合成をサポートして分解を防ぐ働きがあり、一時的にタンパク質が不足しても筋分解(カタボリック)防ぐ事が期待できます。

 

つまりHMBを摂取することが効率よく究極のボディへの近道です!

 

死と隣り合わせてトレーニングしてきて、実際に命を落とすビルダーがいる中で自分を追い込み肉体を作り上げカリフォルニアチャンピオンになった北島達也が自身の経験上最も筋肉に効果的に効く、成分を組合せ調合

 

ビルドアップやダイエット時に普段の食事では不足しがちな栄養を必須アミノ酸・非必須アミノ酸を中心に配合しました。

 

さらに、、、

アルティメットプロテイン+HMBの配合成分はこれだけではありません。

 

さらにさらに!

 

話題の成分や各種アミノ酸やマルチビタミン配合でワークアウトを強力サポート!
【勝負の1セット】のチャンスを逃しません!

原材料名
乳清たんぱく質、クレアチン、L-グルタミン、L-グリシン、DL-アラニン、HMB-Ca、BCAA(大豆由来)、コラーゲンペプチド(ゼラチン)、グルコサミン塩酸塩(えび、かに由来)、コンドロイチン硫酸、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンB12/クエン酸、紅茶、香料、食塩、甘味料(ステビア)、アスパルテーム(L-フェニルアラニン)、スクラロース
価格以上の価値があるプロテインだと思います。

ワークアウトしているとプロテインのコストもバカにならないのですが、
せっかくワークアウトをして、自分の期待している効果を考えると、プロテイン選びでそのチャンスを逃してしまうかと考えると、時間もコストだという意識で合理的で、効率的なサプリメントを選びたいとつい自分は思ってしまいます。

 

ワークアウトや筋トレをして、体が変化するのはとても時間がかかると考えがちですが、北島さんのワークアウトやサプリメントを利用すれば、効率的で合理的に結果を得られると体感しています。

 

ずっと停滞していた筋肉の変化が、自分でわかるほど大きく変化したのですから、私は価格以上の価値があると感じているのです。

 

食事の楽しみは本当に大切ですので、我慢は精神的には良くないかもしれません。

 

しかし、意識をして、成分を見たり、食べる物を選べば、無駄な間食を避けて、
北島さんのプロテインで済ませるという考えたであれば、必ず体にとって良い、栄養摂取になりますし、体に反映されていけますし、結果的にはコストが抑えられるかと思います。

ULT+HMBは仕事のモチベーション維持にも役立っているようです。
スーツの似合う体型になりました。

30代を迎えたときから、お腹周りの脂肪が気になりはじめて、何か運動をしなければと、ネットでたどり着いたのが北島さんのワークアウトでした。

 

プロテインも何を買ったらよいのかわからなかったので、アルティメットプロテイン+HMBをとりあえず選んだんですが、これが自分に一番合っているような気がします。

 

スーツも20代のサイズが着られるようになりましたし、
体重バランスを気にしてワークアウトしているせいか、姿勢も良くなり、印象も良くなったと周りの人に言われるようになりました。

 

自宅でダンベルだけを使ってワークアウトしているだけなのに、自分がまるで生まれ変わったように変われたので、精神的にも意識的にも変わってきたような気がします。

 

仕事もバリバリ積極的にこなせるようになりました。

 

気のせいかもしれませんがULT+HMBに含まれている成分が自分の気持ちにもプラスに働いている気もします。

ですのでプロテインを飲むのが習慣化されました。
LBBも気になっているので今度追加で購入しようかと考えています。

体型のコンプレックスがなくなりました。
栄養状態を改善するだけでこんなに変わるなんて!

体の線が細くて、いわゆる「ガリガリ体型」にコンプレックスを持っていました。


できるだけ時間を見つけては週に数回~5回ほどジムに通っていましたが、体型は変わらず、体質なのかと鏡を見てはガッカリしていたのですが、北島さんのyoutubeを見て、栄養改善を行い、3食以外に食間にこのアルティメットプロテイン+HMBを毎日飲んで、体重が6kgほど増えました。

 

元々脂肪が少ない体型だったので、筋肉で丸々体重が増えた感じです。

 

今は薄着の季節になっても体型を隠すような服装をせずにTシャツが似合う体型になりましたので、すごく自信がついた気がします。

 

彼女もできたので、毎日が楽しいです。
北島さんに出会えたおかげで体型が変わり、人生も好転したようです。

ありがとうございます!

バルクアップ、カタボリック防止、非常に低い糖質。
プロが本気で考えたプロテインはやはり全然違います。

自分はかなり様々なプロテインやサプリメントを購入しましたが、バルクアップ、カタボリック防止、低い糖質をバランスよく作られたアルティメットプロテイン+HMBはダントツで気に入っています。

 

BCAAやHMBは単体で今まで摂取していましたが、プロテインも飲まなくてはいけないのと余計なモノが入っていたりして、結局味のない、プレーンなものを選んでいました。色々と飲むのも結構苦痛なものです。

 

そして糖質も気になります。
バルクアップにはたしかに糖質も必要ですが、それは食事でコントロールすれば良いかと思うので、余計なモノを入れずに、一度で必要な栄養を摂取できるULT+HMBは本当に優れものだと思っていますし、体感もしています。

 

商業ベースに乗らずに利用する人と何よりも飲んだ後の結果を重視する北島さんの考えが凝縮されたこのプロテインはやはりプロの人が本気で考えるとこれほど違いがあるものだと感心してしまいます。

後味がすっきり!今まで飲んできたプロテインの中で一番おいしい、飽きないレモンティー味。ずっと続けていけます。

プロテインで意外と大変なのは「飲み続けて習慣化」することです。
色々な味でチャレンジしましたが、プロテインは苦手で、続けるのが難しかったです。


アルティメットプロテイン+HMBのレモンティー味はすごく自分にとっては飲みやすく、プロテインを飲んでいる意識がないくらい、スムーズに飲めます。

 

また糖質がすごく少ない(実質食物繊維なので影響がない)のも続けている理由です。

 

タンパク質を必要なだけ摂って、カタボリックも防止できる。
でも糖質はやっぱり極力抑えたい人って結構いるかと思います。

 

また「プロテイン!」って主張している味のものはやはり飽きてしまうものかと思いますので、このレモンティー味はとても僕は重宝しているのです。

 

プロテインを飲んでこんなに後味がスッキリしているものは他にないと思います。

ダイエットにも成功!筋肉を落とさずに脂肪を落とす。
ケトジェニックダイエットにも最適です。

私は糖質制限ダイエット(ケトジェニックダイエット)をしていますが、ULT+HMBはケトジェニックダイエットにぴったりのプロテインです。

 

他のプロテインは糖質が多いため、ケトジェニックダイエットには不向きです。
摂取する量も制限しなければいけないので、何も含まれていないプレーンのプロテインを飲まなければいけません。

 

しかし、このUTL+HMBはHMBとBCAAも含まれていて、ケトジェニックダイエットには大敵のカタボリックを防ぐことができるので、コレなしではダイエット成功は考えられないと思っています。

 

タンパク質と脂質のみの摂取が重要なケトジェニックダイエットではスプーン一杯で1gにも満たない糖質のこのプロテインは私にとって無くてはならない存在となっています。

「なかなか筋肉がつかない」

「カッコいいカラダにならない」 

「どんなサプリメントを飲めばいいのか分からない」

 

こんな質問が私のところにたくさんお寄せいただいています。

 

僕自身、アーノルドシュワルツネッガーに憧れボディビルを始め10年やるも理想のカラダにはなりませんでした。

 

「もう辞めよう」

 

一度はあきらめかけたが、ボディビルの本場アメリカに単身渡米して、トップのトレーナーや選手から指導を得て、そこから自分なりの理論を構築することで理想のカラダをつくることが出来ました。そしてコンテストで日本人初の優勝することができました。

 

どんなに努力をしても結果が出なければ意味がありません。時間と体力・お金の無駄使いになってしまいます。間違った理論や知識ではダメなのです。これは僕の経験上最も重要な学びです。

 

「結果にこだわった本当にいいものを選んで欲しい」

 

僕自身が現役時代から現在も飲んでいるサプリメントをベストのバランスで配合したものを作りました。ただのプロテインとは違い、筋肉の生成やダイエットすべてに効果のある食事替わりになるものを配合しました。

 

一時的な流行りに左右されるのではなく正しい理論と本質を抑えたプロテインで理想のカラダをつくることで、

 

「本来のジブンを取り戻して欲しい」

 

このプロテインが、多くの人の自信と輝きを取り戻すきっかけとなれば幸いです。

体つきが変わって自信がついたせいか急に周りから
雰囲気変わったねって言われるようになった。

飲み会などで引っ込み思案だった俺だけど女子たちに「筋肉すごーい」ってボディタッチされるようになってモテモテ。

体が変わって自信もついたのか行動力がアップ。
ビジネスの成績も上がってきた。
しかもスーツの映えるイケてる男に。

1日にどのくらいの量を摂取すべきでしょうか?

体重1kgあたり2g~4gをタンパク質摂取の目安としてください。
例:体重60kgであれば120g~240g
食事で摂取したタンパク質では不足する分を本商品で補う形で摂取することをお勧めします。
筋肉に限らず、体のあらゆる組織にはタンパク質が必要です。

1度にまとめて飲んでもよいですか?

1日に必要な量を数回にわけて利用してください。
朝食、食間、就寝前、ワークアウト後がオススメです。

糖質制限ダイエット(ケトジェニックダイエット)中で利用できますか?

ケトジェニックダイエットは一度の食事で糖質を5g以内(1日20g)に抑える必要があると言われています。(一番シビアに制限する期間)アルティメットプロテイン+HMBは100g中3.8g程度の糖質ですので一度の摂取を100g以内に抑えれば問題ありません。
食事で摂取する糖質との量で調節してご利用ください。

プロテインを溶かすのは水じゃなくてはダメですか?
どのくらいの水の量で割ると良いですか?

基本的には水で溶かしてください。
水の量に関してですが、お好みの味の濃さで水の量を調節しても問題ありません。

定期購入はいつでも解約可能ですか?

次月の発送1週間前の解約でしたら、いつでも解約は可能です。

定期購入中に商品のお休み(日付の変更)、追加は可能ですか?

可能です。サポートまでご連絡くださいませ。

定期購入の配送のタイミングを教えてください。

初回購入の場合、土日祝日を除く3営業日以内に発送いたします。
翌月からの発送は発注日から約30日前後で発送いたします。
ご注文後にご連絡いただけましたらお日にちの変更や間隔を変更することも可能です。

ケトジェニックダイエットでバルクアップは可能なのでしょうか?
やはり、ある程度は炭水化物を摂り入れた方がバルクアップしやすいのでしょうか?

ケトジェニックダイエット中でもバルクアップは可能です。
炭水化物を摂取しないと「筋グリコーゲン」が不足すると考える人もいるようですが、実際には脂肪酸がクエン酸回路を介して筋グリコーゲンになります。
そのため、シッカリとタンパク質と脂質を摂取すればバルクアップは充分に可能です。

プロテインとは何ですか?

プロテインとは日本語で言えば「タンパク質」のことです。
プロティンは牛乳や卵、大豆などの食品を原料として作られます。

薬ではなく栄養補助食品や加工食品という部類に入ります。

 

アナボリックステロイドのような筋肉増強剤と混同されがちですがれっきとした食品です。

食事で摂るタンパク質と同様であり、余分なカロリーと脂肪分を抑えてタンパク質を摂取することができます。

 

例えば20gのタンパク質をステーキから摂取しようとするととても食べきれないような量を食べなければいけません。

しかも、同時に脂肪も多く摂取してしまいます。

その点、プロテインであれば効率良く、良質なたんぱく質を摂取出来ます。

特定商取引法  プライバシーポリシー