shutterstock_216641602

クレアチン摂取に関しての注意事項

アルティメットプロテインにもクレアチンが入っているとのことですが、
摂取にあたって注意することをご教授いただけますか?

「クレアチンは、コーヒーなどカフェインが多いものと摂ると
吸収を妨げる可能性がある」

という話は、カフェインが胃酸を多く分泌させ、
クレアチンに酸性の影響を与えるためクレアチン
の効果が低下してしまうというものです。

ですから、コーヒーと同時にクレアチンを摂取しなければ
何杯コーヒーを飲んでも大丈夫です。

またクエン酸などの酸性度では、クレアチンに悪影響を与えず、
逆にパフォーマンスを向上させる効果の方が高いのです。

つまり、「クレアチンとクエン酸の同時摂取」は良いです。

また、体内のクレアチンレベルを早く満タンにするために
5日ほど1日3~4回でトータル20gぐらい摂る事でローデ
ィングを早める方法があります。

しかし、1日一回の摂取でも一ヶ月ほどで体内のクレアチン
レベルは満タンになると言われています。

北島さん、いつも貴重な情報を発信していただき、
私のような初心者にとってとても感謝しております。

私共にとって北島さんが経験されたことがとても
良い指針になっていますので、どうかこれからも
視聴者に沢山の情報と方法を教えて下さい。

期待しております。

さて、質問ですがわたしは60才過ぎてますので
筋肉が付きにくいように感じてます。

クレアチンのようにエネルギー源を貯蔵できるものを
ウェイプロテインと一緒に取ったほうが筋肉増進に役
立ちますか?

サプリメントは本来、食事で補えない栄養を手軽に摂取出来るものです。
もちろんクレアチンなども良いワークアウトアウトの手助けになります。

ですが、定番の必要性が高いサプリメントだけを摂取しようとしても
かなりの種類があります。

サプリメントを摂取するにも知識がかなり必要で、大変という
声を多く頂きました。

そのため、定番で必要性の高いサプリメントを全て
と言えるほど入れ、プロテインと混ぜたものが、ア
ルティメットプロテインなのです。

もしクレアチンやプロテインを同時摂取するならば
一度試してもらうと良さがわかると思います。

クレアチンとプロテインだけではありません。

関節に良いグルコサミン、コンドロイチンやコラーゲン
免疫力アップと言われるグルタミン、筋肉の異化作用を
制御するbcaaなど豊富に含まれています。

  1. shutterstock_170739704(1)
  2. 147438530
  3. shutterstock_118889413
  4. 170773268
  5. 262608056
  6. 269181923

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP