241244524

プロテインの理想的な摂取方法とは?

タンパク質の取り方について教えてください。

私は現在、ウェイトトレーニングをしている者ですが、
タンパク質を積極的に摂りすぎかなと思う位を心がけて
なるべく動物性の物から摂取しております。

タンパク質が体内に蓄積されている時間は4~5時間までで
一回の摂取量は約40g位までと学びました。

そこで私は約4時間おきに1日、4回位を目安に摂っております。

しかし、タンパク質の量を一回40g以上摂った場合体内で
体脂肪として蓄えられ、腎機能に支障が出るリスクもある
と聞きました。

これは気を付けなければいけないのでしょうか?

タンパク質を摂る時の注意点、カーボの入れ方
など教えて頂けたら嬉しいです。

タンパク質を吸収出来る量が1度に40gまでという理論は
かなり古い間違った理論です。

現在では完全に否定されています。

そもそも一回に摂取して有益に利用出来る
限界量が全ての体重の人間同じわけがありません。

しかも一回に摂取して良いタンパク質の限界量が40gしか無かったら
この世に体脂肪率が低く120kgも体重がある人間が存在しない事になります。

実際には多くのボディービルダーが
120kgを超える巨大な身体をつくりあげています。

またタンパク質を40g超えて摂取すると肝臓を痛めると
言う説も、かなり古い間違った知識です。

これもケトン体と呼ばれるブドウ糖にかわるエネルギーが
身体に悪いと一部の古い科学者が信じていた時代の間違っ
た解釈から生まれた嘘なのです。

実際にはケトン体は、身体に悪いどころかとても良い働きをしてくれて
肥満解消や若返り、ボケ防止にまで役立つ可能性があるとまで言われて
います。

日本の古い炭水化物中心の栄養学こそが肥満の原因を作り、
成人病の最大の原因となっています。

もともと日本人の教わった、

炭水化物60%
タンパク質30%
脂質10%

という栄養バランスには科学的根拠がないという
事も覚えおいて下さい。

現在では科学的にタンパク質を積極的に摂取することが
推奨されていますので今の感覚で積極的にタンパク質を
積極すると良いでしょう。

ただしあまりにも食事回数が多いと胃腸を疲れさせてしまい
結局は吸収できないダメージを与えてしまいます。

ですから、たまに食 事の回数を減らして胃腸を休めたり、
サプリメントなどを利用して胃腸を休める工夫も必要です。

 

  1. 133494245
  2. 262608056
  3. 163490870
  4. shutterstock_216641602
  5. 170773268
  6. 01520150504_0015

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP