01220150504_0012

ケトン体ダイエットと食物繊維摂取の関係

ケトンダイエットを始めております。

炭水化物の摂取を1日20gに抑えるよう努めておりましたが、
便秘が酷くなり、食物繊維を摂ろうと考えました。

その際炭水化物について調べてみたところ、
食物繊維は炭水化物であるとのこと。

そこで更に調べると、

「炭水化物=糖質+食物繊維」

「糖質=糖類+さん糖類以上の
多糖類+糖アルコール+その他」

とありました。

ケトンダイエットで摂るべきではないのは、このうち
糖質以下ということになりますでしょうか?

(人工甘味料も糖質に含まれるようではありますが)

ローカーボという言葉に引きずられ、炭水化物はみんな
アウトという印象を抱いてしまいますが、実際はそうではない

すなわち食物繊維は普通に摂取して大丈夫ということでしょうか?

市販のサラダ(ドレッシング無し)の成分表では意外と
炭水化物が多く含まれているものもありますが、イモ類
豆類などが入っていなければ食べても問題ないと考えて
良いのでしょうか。

また、こんにゃくも同様と考えて良いものでしょうか?

食物繊維であっても、難消化デキストリンなどは体内に
カロリーとして利用出来ない上に、他の食べ物の吸収も
抑えるので、ダイエットには欠かせない存在です。

最近では、特保の製品でコーラなど手軽に入手できます。

このように炭水化物であっても、難消化の物は吸収が出来ずに
カロリーとして体内で利用されず排出されるので、糖質として
カウントする必要がありませんので沢山摂取出来ます。

また、人工甘味料はアミノ酸や身体にカロリーとして反映されない
エリスリトールなどを使っているため、やはり糖質としてカウント
する必要はありません。

  1. 187584344
  2. 119190544
  3. 174879287
  4. 59157664
  5. 257494018
  6. 206233399

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP