25240714

ケトジェニック(ケトン体)ダイエットと炭水化物の関係

はじめまして。

アルティメットプロテインforケトジェニックダイエットを
始めたく思い検討していますがアルティメット・プロテイ
ンの成分表をみると40.1g/100gの炭水化物が含まれてい
るようです。

これでは炭水化物の摂取過多になるのでは?
と思いますがどうなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

アルティメットプロテインは、「ミールリプレイスメント」
と言われるワークアウト用の完全代用栄養食です。

ケトジェニックダイエットをしていない場合は、筋肉を動かす
ために必要なエネルギーはブドウ糖をエネルギーがATPという
回路を介してエネルギーになります。

そのため、ブドウ糖、クエン酸、クレアチンはとても大切な成分
となります。

ですから、通常の食事で筋肉のバルクアップには
最適な配合となっています。

しかし、ケトジェニックダイエットではブドウ糖に代わって
ケトン体をエネルギー源とします。

そのため、TCAという回路を介してからATPを介して
エネルギーとなりますのでブドウ糖を必要としません。

そしてご存知のように・・・

「ケトジェニックダイエットではブドウ糖は天敵」です。

摂ってはいけない栄養素なので、アルティメットプロテイン
はケトジェニックダイエット時には向いていません。

(今回のケトジェニックは、アルティメットシリーズでは
ございますが”アルティメットプロテイン”とは別物だとお
考えください)

また、アルティメットプロテインLightはブドウ糖を
最小限に減らしてあります。

ですから、【Light】はケトジェニックダイエットにも使えます。
( http://ultimate-tk.jp/protein2/ptlighttop )

しかし、通常の食事とケトジェニックダイエットでは異なる点が多いため、

アルティメットプロテインシリーズに新たに「forケトジェニック」
というものを加えさせていただだきました。

(ケトジェニックダイエットおよびダイエット専用の
プロテインということになります)

アルティメットプロテインforケトジェニックダイエットは
文字通り、完全にケトジェニックダイエットのために開発
したものです。

ブドウ糖になる糖質、炭水化物を含まず、ケトジェニックダイエット時に
最高のパフォーマンスを成功させるために脂肪をエネルギーにするための
助けになるようにCLA、Lカリニチンなどを含んでいます。

さらにココナッツオイルの成分でお馴染み、中鎖脂肪酸であるmctオイルや
ケトジェニックダイエットに必要なb6.ミオチン、マルチビタミンまで添加し
ました。

フレイバーもまるでスィーツを食べている気分になりにもなれます。
(キャラメルバニラ味でプロテインっぽい味が一切なくかなり美味しいです)

特に、本物のバニラビーンズを使用しているために
香りもとても良くなっています。

ほんとうに自信作となっておりますので是非、
この機会にお試しください。

  1. shutterstock_269181923
  2. 132746420
  3. 00320150504_0003
  4. 133494245
  5. 01520150504_0015
  6. 270908915

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP